一発プロキシ設定


ソフト名 一発プロキシ設定
バージョン 1.4.0
ファイル名 ips140.lzh
著作者 CyberSyndrome
動作環境 OS : Windows 95, 98, ME, NT4.0, 2000, XP, Vista   (Windows 7以降には非対応)
ブラウザ : Internet Explorer 4.0以上
インターネット接続 : インターネットオプションの「LANの設定」でプロキシを設定できること
開発環境 Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
公開日 2003/1/12
最終更新日 2003/10/22
ソフト種別 フリーソフトウェア
圧縮内容 install.exe, uninstall.exe

■ 更新履歴

[2003/10/22] v1.4.0   環境に依存する問題を解決するため一部の機能を削除
[2003/2/7]    v1.3.0   IE6に最新修正プログラムを適用するとIEの仕様変更によりエラーが発生する問題を解決
[2003/1/27]   v1.2.1   readme.txtを加筆修正
[2003/1/18]   v1.2.0   一部のセキュリティ関連ソフトを常駐させていると警告が出る問題を解決
[2003/1/15]   v1.1.0   プロキシ設定がすぐに反映されない場合がある問題を解決

■ 本ソフトウェアの機能および使用方法

本ソフトウェアをインストールすることにより、Internet Explorerのコンテキストメニュー(右クリックした時に表示されるポップアップメニュー)に、ブラウザのプロキシ設定を一発で行うための項目「一発プロキシ設定」が追加されます。この項目は以下の2通りの機能を有します。
  1. Webページ内のプロキシを表す文字列(「アドレス:ポート番号」形式)をマウスで範囲選択し、その上で右クリックした時に表示されるコンテキストメニューからこの項目を選択すると、範囲選択されているプロキシがブラウザに瞬時に設定されます。 例えば、「proxy.example.com:8080」という文字列がマウスで範囲選択されている状態でコンテキストメニューからこの項目を選択すれば、わざわざブラウザのメニューバーから何段階もの動作を経ることなく、僅か2クリックでこのプロキシをブラウザに設定できます。
  2. ブラウザ上で文字列が範囲選択されていない状態の時にコンテキストメニューからこの項目を選択すると、瞬時にプロキシ設定が無効または有効(v1.3.0の場合)に切り替わってプロキシを経由しないでWebにアクセスできるようになります。
【使用上の注意】
  • 本ソフトウェアはLANのプロキシ設定のみを変更し、ダイヤルアップ接続のプロキシ設定は変更しません。
  • 本ソフトウェアには上記以外の動作をするためのコードは含まれておりませんので、もし常駐しているセキュリティ関連ソフトから警告があったとしてもその警告を無視して大丈夫です。

■ ダウンロード

本ソフトウェアは以下のリンクからダウンロードできます。
ips140.lzh (19.4KB) 右クリックで、プロキシ設定の他に、プロキシを不使用に切り替えられる。どの環境でもエラーは発生しない。
ips130.lzh (19.9KB) 右クリックで、プロキシ設定の他に、プロキシの使用・不使用を切り替えられる。環境によってエラーが発生する場合あり

■ インストール方法

実行ファイル「install.exe」をダブルクリックして実行してください。次回Internet Explorerを起動した時から本ソフトウェアの機能が使えるようになります(インストール前から開いていたウィンドウでは使えません)。

■ アンインストール方法

実行ファイル「uninstall.exe」をダブルクリックして実行してください。

■ 免責事項

本ソフトウェアの使用または使用不能により生じたいかなる障害・損害に関しても作者は一切責任を負いません。また、作者は本ソフトウェアに関してサポートを行う義務を負いません。

■ フィードバック

ご意見・ご要望・ご感想・不具合報告等はアンケートフォームからお願いします。
なお、本ソフトウェアに関するサポートは一切行っておりません。